リフォーム 外壁塗装 業者

MENU

外壁塗装業者の選び方

外壁塗装業者の見積もりは、正直千差万別です。

 

同じ家の外壁・屋根塗装なのに、倍くらい違いがあることもありますから、まずは知識を身に着けて業者選びをしてください。

 

■目次


■外壁塗装の手順を知る

 

外壁塗装の見積もりを取るのに、外壁塗装の手順を知らないと、業者の言いなりになり、損をしてしまうこともあります。

 

まずは、外壁塗装の一般的な手順を知りましょう。

 

ステップ1:足場を組む

 

きちんと足場を組むことで、より丁寧な仕事ができるようになります。

 

くさび式足場、枠組み足場はしっかりした足場ですので、少し値段は高くなりますが、その分丁寧にできるため、長持ちします。

 

【見積もりを見るポイント】
くさび式足場、枠組み足場→しっかりとした足場、多少割高になる
単管足場→簡単な足場、安価だがくさび式に比べ丁寧な仕事ができない。

 

単純に値段だけで見ない事!

 

ステップ2:高水圧ジェットで汚れを落とす

 

塗装の前に壁や屋根の汚れを落とす事は必須です。普通の水洗いではなく、高圧ジェットで掃除することでよりきれいになります。

 

【見積もりを見るポイント】

 

高圧ジェットでの洗浄があるかどうか?きちんと見てください

 

ステップ3:ヒビや腐食部位を修理する

 

目立つヒビにはシーリング材を埋めます。

 

また、目地のヒビにはしっかりとコーキング材を埋めます。

 

ステップ4:古い塗装やさびを取り除く

 

このステップも下準備の一種です。10年以上たっている家であれば、多少なりとも塗装が古くなっている場所やさびなどがありますので、このステップもしっかりと行いましょう。

 

【見積もりを見るポイント】

 

下処理の項目がしっかりとあるかどうか?もし疑問があったら業者にしっかりと質問してください。(これはどの場所の補修費用ですか?など)

 

ステップ5:塗料が付かないように保護カバーをつける

 

これは家や周りの環境にもよりますが、例えば車や庭で塗料が付いたらNGな場所がある場合は、保護カバーが必要ですのであらかじめ業者と打ち合わせをしてください

 

ステップ6:下塗り、中塗り、上塗り

 

ほとんどの業者が下塗り、中塗り、上塗りの3重塗を行います。壁の状態によっては、2重塗りで済む場合もありますので、業者が説明してくれるとは思いますが、念のため何重塗なのか確かめてください。

 

ステップ7:確認作業

 

ムラがなくしっかりと塗れているかどうか確認します。3重塗をするのでほとんど問題はないと思いますが、自分でも確かめてみてムラがあった場合は業者に指摘しましょう。

■複数業者から見積もりを取る

 

やはり相場を知るためには複数の業者から見積をとるのが妥当です。

 

外壁塗装のリフォームの場合、口コミで紹介してもらうところもあるかと思いますが、遠慮せず合い見積もりをとるようにしてみてください。いくつかの見積もりを見ることで、自分がやりたいことの相場を知ることができます。

 

相場を知ることで自信をもって発注することができます。

■見積もりを精査する

 

いくつかの業者から見積をもらったら、その見積もりを精査してみてください。精査するといってもそれほど難しいことをする必要はなく、単純に比較すればよいだけです。

 

上でご紹介した一般的な工程が見積に含まれているかどうか?

 

合計金額だけではなく、一つ一つの細かい項目までしっかり見てください。

 

合計金額だけ見てしまうと、単純にある工程が抜けているだけだった。。。といったことを見逃してしまいますので注意してください

■信頼できる業者から選ぶ

 

外壁塗装は消費者センターへのクレームが多い業界でもありますから、信頼できないと判断したところへは発注しないでください。
たとえば保障がなかったり、、、
必要な工程が見積から抜けていたり、、、
安かろう、悪かろうだったり
見積がいい加減だったり、、、
こういった業者には発注しないでください。

 

複数の見積をとったり、信頼できる業者を探すなら、見積一括サイトを利用するのも一つの手です。実際、サイト管理人も使っており、自信をもっておすすめできるサービスですので一度試してみてください。

 

外壁・屋根塗装見積一括サービス【ヌリカエ】はコチラから

 

 


※参考:見積一括サービスの上手な使い方

 

ヌリカエは、こんなサービス

 

【第一段階】
お客様(あなた)
↓↑
ヌリカエ
↓↑
業者

 

あなたの要望を遠慮なくヌリカエに話してください。
・保障が付いている大手の業者が良いのか?
・地元の業者で丁寧な仕事をやるところが良いのか?
・評判が良い業者が良いのか?
・安い業者が良いのか?

 

ヌリカエには約800の業者が登録されており、数年の運営実績があるため、あなたに最適な業者を探して紹介してくれます。

 

【第2段階】
お客様(あなた)
↓↑
業者

 

次はあなたと業者が直接やり取りをします。

 

紹介された業者は、あなたの要望をヌリカエから聞いており、あなたの希望にマッチしている業者ですのでスムーズに話が進むでしょう。

 

サイト管理人自身がヌリカエを使った経験上、良かった点は、
・まず自分が頼みたい業者の希望を言えた事。(大手?地元?安い?評判?)
・見積もりをいくつかもらえるので相場が分かる事
・業者探しに時間がかからなかったこと
この3点です。

 

実際、自分でも業者探しはできると思いますが、業者に直接連絡して話をしてから、違ってた〜、という部分がないので、かなり時間短縮になります。

 

無料でできるので、良ければ一度見てみても損はないかと思います。

 

リフォーム|外壁塗装業者の選び方記事一覧

消費者センターによると、リフォーム業者の相談はここ数年で年に6000件から8000件もあり、これはいろいろな業界の中でも最もクレームが多い部類に入ります。もちろんすべての業者が悪質業者だということではないのですが、気を付けるに越したことはありません。一度悪質業者に引っかかってしまうと、名前が業者のリストに載ってしまい次から次へと悪質業者に引っかかるパターンもありますので、気を付けましょう。今回は、...

外壁塗装をやるべきかやらざるべきか悩む方も多いと思います。今特に問題ないんだし、問題が出てからでいいんじゃないの?そう思う方も多い事でしょう。今回は、リフォームで外壁塗装をやるメリットと外壁塗装をやらなかったらどうなるか?などについてご紹介します。■リフォームで外壁塗装を行うメリットとデメリット・外壁塗装のメリットその1:見た目がきれいになる家の外壁や屋根は外から見ると最も目立つ場所ですよね。外壁...

リフォームで外壁塗装を行うと、数十万円から100万円以上かかる場合もあり、できれば値引きしてもらいたいと思う方も多いことでしょう。今回は外壁塗装業者に値引き交渉をするコツや気を付けるべきことについてご紹介します。■目次1. 外壁塗装業者との値引き交渉は可能か?2. 見積で値引き可能な項目とは?(例)100万円の見積りはいくらまで値引き可能?3. 大幅値引きには注意!その理由とは?4. 値引き交渉の...

残念ながらリフォーム業界には、悪徳業者がいまだに存在しています。近所の外壁塗装をやっているのですが、お宅も無料で見ますがいかがでしょうか?こんなうたい文句で営業され、「無料だからいいか」などと、気軽に応じてしまった結果、やるつもりもないのに後から迷惑電話が毎日かかってくることになってしまった。。。。こんな話は多々あります。今回は、外壁塗装の迷惑電話に困っている方向けに対処法の手順をお伝えします。既...

外壁塗装はどこに頼む?|業者の選び方・家の壁にヒビが入ってきたし、そろそろ塗り替えが必要かな?・梅雨の時期が来る前にきちんと防水しておきたいな・家の壁の塗装が粉を吹いてきたけど修理したいなあ家を建ててから15年〜20年も経つと、壁の塗装も劣化してきます。ひどい場合には、雨が降った時に壁の中に水がしみて、木材が腐ったり、シロアリが発生しやすい環境を作ってしまいます。このままだと家が悪くなるのは分かっ...

家を建ててからある程度年数が経つと、家のメンテナンスが必要になってきますよね。外壁塗装もその一つ。良く新聞チラシなどで、外壁塗装は早めにやった方がいいとの文言を目にしますが、いったいどのくらいの築年数で行えばよいのでしょうか?今回は、外壁塗装をどのくらいでやればよいのか?築年数やその他の判断材料についてご紹介します。■外壁塗装を行う目安|築年数外壁塗装は、一般的に「築年数10年〜15年」で行うこと...

結論から言うと、外壁塗装に適した季節は、「春(3月〜5月)」と「秋(9月〜11月)」になります。その理由ですが、他の季節に比べて天気が良く、湿度が低いからですね。つまり、塗料が良く乾きやすい季節が外壁塗装のベストシーズンになります。もちろんベストシーズン以外でも外壁塗装は可能ですが、季節以外にも外壁塗装ができる条件、できない条件もあります。今回は、外壁塗装と季節の関係や外壁塗装に適した条件などにつ...

「外壁塗装の業者から見積をもらったけど、何をどう見ればよいかわからない」こんな方も多いですよね。見積は、この工事を行うにあたって必要な費用を算出しているもので、とても大事なものです。しっかりと見積を精査して安くて優良な業者に頼みたいものです。今回は、外壁塗装における見積を見るポイントについてご紹介します。見積りをもらう段階まで行ったけどよくわからない方。これから見積をとろうと思っている方はぜひ参考...

知らない方も多いのですが、外壁塗装は、一度塗れば終了というわけではありません。今回は、外壁塗装を行う際、何重塗が適切なのか?や、それぞれの役割についてご紹介します。■外壁塗装は何重塗が良いの?外壁塗装業者のほとんどが「3重塗り」を採用しています。洗浄や補修をした後に最初に塗るのが「下塗り」。そして、次に塗るのが「中塗り」最後に塗り仕上げ塗が「上塗り」です。この3重塗を完成して、初めて塗装の耐久性が...

外壁塗装を業者に頼む際、どのくらいの保証がついているのか気になりますよね。・10年くらい持つと言われていたのに、3年くらいで塗装がはがれてきたら、やり直してもらえるのか?・手抜き工事があとから発覚したら修正してもらえるのか?そんな保障に関する疑問をお持ちのあなたに、今回は、外壁塗装に付帯する保証について、一般的な補償年数や保証に対し注意すべきことについてご紹介します。■目次1. 一般的な外壁塗装の...

家を建てたとき、パナホームやトヨタホームなど大手のハウスメーカーに頼んだけど、リフォームするのも同じハウスメーカーじゃないといけないの?なんとなく高そうだからふつうの工務店とかでやりたいんだけどなあ。そんな風に思っている方も多いと思います。今回は、大手ハウスメーカーで家を建てた方向けに、リフォームも同じハウスメーカーでやることのメリットやデメリットについてご紹介します。■目次1. ハウスメーカーの...

■外壁は定期的に治して塗りなおすもの家を購入すると、家賃を支払わなくても良い分、メンテナンス費用がかかりますよね。家の外壁は風雨にさらされており、最も傷みが激しい場所の一つです。したがって定期的に補修や塗り直しなどのリフォームが必要になります。新築で建てたとしてもほったらかしということはあり得ません。まずはリフォームは必要なことであるということを認識しておいてください。・どのくらいを目安としたらよ...

・築20年くらいたってそろそろ屋根の塗装が色あせてきた。。。・近所の工務店に屋根塗り直しの見積もりもらってけど合ってるのかな?・屋根を塗装するのにいくらかかるの?屋根は外壁と同様、常に風雨にさらされている場所なので、痛みが最も激しい場所の一つです。塗り直しや吹替のリフォームをやった方が良いのは分かるけどいくらかかるのか知りたい、また、見積もりはもらったけどちょっと高いな、、、ぼったくりじゃないよね...

■屋根の塗装の必要性について家の築年数が15年を過ぎてくると屋根の色が剥げてきたり、瓦が傷んで雨漏りが起こるなど、メンテナンスが必要になってきます。屋根の塗装がしっかりやってあると、雨漏りを防いだり、カビや柱の痛みを予防します。家は一旦雨漏りが起こると、劣化が数倍のスピードで早まり、屋根の修理のみならず、内部の柱や壁の中まで補修しなければいけなくなり、費用が高額になります。屋根の塗装を定期的にやっ...

そろそろ屋根の塗装をしようかな?↓実際に屋根に上がってチェックしてみたら色あせや傷んだ場所がちらほらと。。屋根のメンテナンスは、雨漏りが起こってからでは、先延ばしができずすぐに直さなければいけません。そうなってしまうと、やるのに最適な季節も選べませんし、人気の業者は忙しくてできる時期が数か月先、、、、仕方なくあまり対応が良くない高い業者に頼まなければいけない、、、なんていう事もよくある話です。です...

・屋根の塗装などのリフォーム工事をやるときに、実際工事期間はどのくらいかかるのか?・どのような工程で工事が行われるのか?気になる方も多いと思います。今回は、屋根の塗装に関する工事において、その工程やかかる日数についてご紹介します。見積もりをしっかり査定するうえでも必要な知識となりますので、参考にしてください。■目次1. 意外とやること多い!屋根の塗装はどんな工程で行われるの?2. 各工程の詳細とか...