MENU

床暖房を導入したい方へ|業者の話す前の基礎知識を身につけよう

エアコンやヒーターと違い、お部屋の空気を乾燥させない床暖房が人気です。

 

でもいざ具体的に考えてみると、いろいろな疑問が出てきますよね?

 

・うちのフローリングを床暖房にできるのかな?
・いくらくらいかかるの?
・メリットは?デメリットは?
・どこに頼んだらいいの?

 

本ページでは、業者と話をする前に知っておきたい床暖房の基礎知識や相場などについてご紹介しています。

 

■目次


■いろいろある床暖房のメリットとデメリット

 

【メリット】
・足元から部屋全体を温めるので何といっても快適
・エアコンに比べて空気が乾燥しにくい(少しは乾燥します)
・電気コードやストーブの火がないので、小さな子供がいる家でも安心
・埃が舞いにくく空気を汚さない

 

【デメリット】
・エアコンやヒーターと比べて温まるのに時間がかかる
・初期費用がかかる

 

やはりどんなことでもメリットとデメリットがあります。中にはデメリットを言わない意地悪な業者もいるそうですので、あとで後悔しないためにも自分で知っておくことはとても大切。メリットもデメリットも把握したうえで床暖房のリフォームをするかどうか決めましょう。

■床暖房の2つの種類

 

床暖房には2つの種類があります。一つは「電気ヒーター式」、もう一つは「温水循環式」です。

 

・電気ヒーター式床暖房について

 

床下に電気ヒーター付きのパネルを設置するタイプです。ヒーターの種類は、PTCヒーターや蓄熱式ヒーターなどがありますが、ここでは、「電気で熱が出るヒーターが床下全体にあるタイプ」と覚えておきましょう。

 

電気ヒーター式床暖房を選ぶ場合は、ヒーター付きのパネルを床下に設置する工事が必要です。

 

・温水循環式床暖房について

 

お湯が流れるパイプが床下に這わせてあり、お湯の熱が床に伝わって温まるタイプの床暖房です。お湯を沸かすための装置が必要で、種類としては、電気で温める装置、ガスで温める装置、灯油で温める装置があります。

 

ですから、温水循環式を選ぶ場合は、お湯を温める装置+床下にパイプを通すという工事が必要になります。

 

初期費用とランニングコストの関係は以下のようになります。
※どんな装置を使うかによっても変わりますので、一般的には以下のような比較になりますので覚えておきましょう。

 

工法 初期費用 ランニングコスト メンテナンス費用
電気ヒーター式 安い 高い 安い
温水循環式 高い 安い 高い

 

電気ヒーター式はランニングコストが高いので、キッチンなど使用時間が短い場所に適しています。温水循環式の方は、リビングなどみんなが集まって長くいる場所に適しています。

 

それぞれのご家庭の用途によって何を選ぶのか決めましょう。

 

相場については、次に説明しますね

■相場はどのくらい?

 

※8畳あたりで換算します

 

電気ヒーター式:40万〜90万円程度
温水循環式:80万〜190万円程度(水をお湯にする装置付き)

 

温水循環式の水をお湯にする熱源機は大体40万〜100万円程度かかります。

■床暖房リフォームする際にあなたが決める事

 

床暖房をしたいと思った時、あなたが決める事は以下の3つになります。

 

1. 床暖房設置面積
どの部屋のどの部分を床暖房にするかなど床暖房の設置面積を決めましょう

 

2. 工法
上で紹介した、「電気ヒーター式」「温水循環式」のどちらにするかを決めましょう。

 

3. 床材
他の部屋とのバランスや家のイメージとの相性によりいろいろ選べます。

 

床暖房リフォームの場合、この3つが費用の決め手になる要素です。

■どこに頼んだらいいの?業者選びのコツ

 

床暖房を入れたいんだけど、どこに頼んだらよいかわからないという方もいると思います。あるいは、近所の工務店で見積もりをもらったけど、費用があってるかどうかわからないという方もいるかもしれませんね。

 

床暖房に限らず、家をリフォームする際は、相見積もりを取る事が基本です。リフォーム業界の値段は、基準がないため、相場は業者任せになっています。

 

ですから、その見積もりが高いのか安いのか判断するためには、複数の業者から見積もりを取り、比較するしかないのです。

 

・複数業者から見積もりを取るなら無料で使える専門紹介サービスがオススメ

 

いくつもの業者を自分であたり、その中から良い業者を選定し、見積もりを依頼するのは自分でやるとかなり時間がかかります。たくさんある業者のどこに連絡をすればよいか?という判断がなかなかできないからですね。

 

そんな方は、無料で使えるリフォーム業者紹介専門サービスを使う事をお勧めします。

 

・審査を通り抜けた口コミで評判の良い業者の中から複数社を紹介してくれる
・紹介してくれた業者がもし気に入らなければ断ってももちろんOK
・もうやるところは決まってるけど、相場を見るために念のため相見積もりを取っておこうかななどもOK
・将来のために費用を知りたいだけでも問題なし

 

忙しくてなかなか業者探しが進まない方や、ぼったくり業者を避けたい方などにオススメです。
気になる方は一度見てみてください。

 

→無料リフォーム相談はコチラ

関連ページ

フローリングの防音対策|方法や費用、安くリフォームする方法など
フローリングの防音対策|方法や費用、安くリフォームする方法など、では、フローリングの防音対策方法やそれにかかる費用、安くリフォームするコツなどについてご紹介しています。
畳をフローリングにリフォームしたい|価格や期間、失敗しない業者選びなど
畳をフローリングにリフォームしたい|価格や期間、失敗しない業者選びなど、では、畳をフローリングにリフォームしたい方向けに、かかる費用や期間、失敗しない業者選びなどについてご紹介しています。
6畳の部屋をフローリングにするリフォーム費用について
6畳の部屋をフローリングにするリフォーム費用について、では、6畳の部屋をフローリングにするときにかかる費用についてご紹介しています。