MENU

リフォームにかかる日数について

・屋根の塗装などのリフォーム工事をやるときに、実際工事期間はどのくらいかかるのか?
・どのような工程で工事が行われるのか?

 

気になる方も多いと思います。

 

今回は、屋根の塗装に関する工事において、その工程やかかる日数についてご紹介します。

 

見積もりをしっかり査定するうえでも必要な知識となりますので、参考にしてください。

 

■目次


■意外とやることが多い!屋根の塗装はどんな工程で行われるの?

 

一言で屋根の塗装と言ってもそのままペンキを塗るわけではありません。事前にいろんな工程や準備が必要です。今回は一般的な屋根の塗装に関わる工程についてご紹介します。

 

1. 足場の設置
2. 高圧洗浄機にて洗浄
3. 下地処理
4. 養生
5. 下塗り
6. 中塗り
7. 上塗り
8. 点検と手直し
9. 清掃・足場の解体

 

次に各工程の詳細と一般的にかかる日数についてご紹介します。

■各工程の詳細とかかる日数について

 

1. 足場の設置(2人で1日作業)

 

まず、家の周りに足場を設置します。これは屋根の塗装だけでなく外壁の塗装でも必要です。簡易的な足場だと、丁寧な仕事ができないのでそのつもりはなくても手抜き工事になりがちですから、きちっとした足場を組んでもらいましょう。

 

※悪徳業者が良く使う手口で、近所で塗装しているので、今契約してくれればその足場が使えるから、足場代はただになりますよというのがありますが、足場は組むのが大変なので、近所から持ってくるくらいでは無料にはなりません。見積もり上無料になっていたとしても、他の項目に追加されていることが大半ですので、気をつけましょう。

 

2. 高圧洗浄機にて洗浄(2人で半日〜1日)

 

塗料を塗る前に、汚れや苔などをしっかりと洗浄する工程です。塗料が長持ちするかどうかはこの洗浄工程にかかっていると言っても過言ではありません。きちんと時間を取ってやるかどうか確認してください。

 

3. 下地処理(2人で半日〜1日)

 

ひび割れやコーキングでクラックなどがある場所を治します。ひび割れなどは塗装では隠せても治すことはできませんから、この工程でしっかり治しておく必要があります。

 

4. 養生(2人で1日)

 

塗料を塗らない場所にシートなどをかぶせ、塗料の飛散を防ぐ工程です。

 

5. 下塗り(2人で1日)

 

見積もりにはシーラーやフィラーと書かれており、中塗りをする塗料がしっかり定着する様下塗り用として使います。通常はその後行う中塗り、上塗りよりも安い単価です。

 

6. 中塗り(2人で1日)

 

上塗りと同じ塗料を使います。最近は寿命が長い、シリコン系やウレタン系が多いです。寿命が長い分、単価は少し高くなります。

 

7. 上塗り(2人で1日)

 

中塗りと同じ塗料を使います。最近は寿命が長い、シリコン系やウレタン系が多いです。

 

8. 点検と手直し(2人で1日)

 

いくら丁寧に仕事をしても、人が手でやる以上、どうしてもムラが出てしまいます。この点検と手直しの工程でムラをなくすことで寿命も延びますし、見た目も良くなります。※足場が残っている間に一度業者の方と塗装状態を確認をしましょう

 

9. 清掃・足場の解体(2人で1日)

 

仕事が全て終わった後の片づけです。足場の解体や養生シートの片付けなどがあります。

・合計作業日数と実際に必要な日数

 

上記で紹介した工程の合計日数は、8日〜9日です。これは実際に作業にかかる日数なので、実際には雨が降ったりすることで伸びます。

 

通常、気候が良い季節で順調に作業がすすんだとしても、約2週間程度(月〜金)はかかります。雨が多い季節だと、1ヶ月近くかかる事もありますが、業者も天気まではコントロールできません。

 

他のリフォームと違って自然が関係している屋根の塗装は、予定通りには進まない事を頭に入れておきましょう。

■良いリフォーム業者を見つける方法

 

リフォーム費用は業者によって異なるため、その事を悪用してぼったくりの費用を請求したり、手抜き工事をしたりする業者がいまだに堪えません。もしあなたが、信頼できるリフォーム業者を知らないのであれば、無料で利用できるリフォーム業者見積取得サービスを使う事をお勧めします。

 

事前に審査された、評判の良い業者のみが登録されており、その登録業者の中からあなたの住んでいる地域を管轄している業者を紹介してもらえるサービスです。

 

・信用できるリフォーム業者のみが登録
・利用者は完全無料で使える
・複数の業者から見積もりがもらえ比較できる
・紹介してもらった業者を使わなくてもOK
・契約する前に相場を知ることができる

 

などなど、いろいろなメリットがあります。

 

→無料リフォーム業者紹介サービスはコチラ

関連ページ

外壁塗装悪質業者の手口|悪い業者に引っかからない方法
外壁塗装悪質業者の手口|悪い業者に引っかからない方法、では、外壁塗装などのリフォーム業者において悪質業者の手口や気を付けるべきことについてご紹介しています。
外壁塗装をやるメリット|やらなかったらどうなる?
外壁塗装をやるメリット|やらなかったらどうなる?では、外壁塗装をやるメリットややらなかったらどうなるのかなどリスクについてご紹介しています。
外壁塗装の値引き交渉のコツ|心に留めておくべきこと
外壁塗装の値引き交渉のコツ|心に留めておくべきこと、では、外壁塗装の値引き交渉のコツや心に留めておくべきことについてご紹介しています。
外壁塗装の迷惑電話対処法|具体的な対策とは?
外壁塗装の迷惑電話対処法|具体的な対策とは?では、外壁塗装の営業から迷惑電話のごとくしつこくかかってくる電話の対処法について具体的にご紹介しています。悪徳なリフォーム業者にお困りの方は参考にしてください。
外壁塗装はどこに頼む?|業者の選び方
外壁塗装はどこに頼む?|業者の選び方、では、外壁塗装をどこに頼むかお悩みの方向けに業者の選び方についてご紹介しています。
外壁塗装は築年数どのくらいでやればいいの|塗り替え時期について
外壁塗装は築年数どのくらいでやればいいの|塗り替え時期について、では、外壁塗装は築年数どのくらいでやればいいのかについてご紹介しています。塗り替え時期にお悩みの方は参考にしてみてください。
外壁塗装に適した季節はいつ?|真冬や梅雨でもできるの?
外壁塗装に適した季節はいつ?|真冬や梅雨でもできるの?では、外壁塗装をいつやるのかお悩みの方向けに、適した季節や適さない季節についてご紹介しています。近いうちに外壁塗装をやろうと計画している方は参考にしてみてください。
外壁塗装の見積を見るポイントについて|悪徳業者に騙されない
外壁塗装の見積を見るポイントについて|悪徳業者に騙されない、では、外壁塗装を行う際の見積を見るポイントについてご紹介しています。
外壁塗装は何度塗りが適切?チェックポイントはココ
外壁塗装は何度塗りが適切?チェックポイントはココ、では外壁塗装をやるときに何重塗が適切なのか?またそれぞれの役割についてご紹介しています。業者に頼む前に知識を身に付けて悪徳業者から身を守りましょう。
外壁塗装の保証年数はどのくらい?どのくらいの保証があるの?
外壁塗装の保証年数はどのくらい?どのくらいの保証があるの?では、外壁塗装の保証年数や保証に用、気を付けるべきことについてご紹介しています。
外壁塗装をやるのに別の業者でも大丈夫?
外壁塗装をやるのに別の業者でも大丈夫?では、外壁塗装をやるのに建てたハウスメーカーとは別の業者でもいいのかどうか悩んでいる方に向けて、別業者でやることのメリットやデメリットについてご紹介しています。
家の外壁をリフォームしたい|方法は?費用は?
家の外壁をリフォームしたい|方法は?費用は?では、家の外壁を塗りなおしたり、補修したり、リフォームしたい方向けに、その方法や費用についてご紹介します。
屋根の塗装|見積もり査定に役立つ、選ぶ塗料別単価の目安
屋根の塗装|見積もり査定に役立つ、選ぶ塗料別単価の目安、では、屋根の塗装の単価やリフォームについてご紹介しています。業者選びなどの情報もありますので、参考にしてみてください。
屋根の塗装は何年おきにやるの?葺き替えの場合はいくらかかる?
屋根の塗装は何年おきにやるの?葺き替えの場合はいくらかかる?では、何年おきに塗装をやるか?や、葺き替えの場合はいくらかかるのか?など、屋根の塗装リフォーム情報についてご紹介しています。
屋根の塗装に最適な季節はいつ?|ベストなスケジューリングとは?
屋根の塗装に最適な季節はいつ?|ベストなスケジューリングとは?では、屋根の塗装に最適な季節についてご紹介しています。計画的にリフォームするならいつから始めたほうが良い?など、スケジューリングにお悩みの方も参考にしてみてください。